長崎県内の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、長崎・佐世保の行政書士井手法務事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 自動車保険(任意保険)の知識 » 自動車保険(任意保険)とは

自動車保険(任意保険)とは

交通事故には、事故によって死傷する「人身事故」と、自動車同士の衝突や電柱・ガードレール等の工作物への衝突による、当該自動車・工作物に対するいわゆる「物損事故」に分けられます。たとえ軽微な事故であっても、加害者には損害賠償責任が生じます。

交通事故のほとんどは、お互いに過失のある(賠償義務のある)事故です。自動車が動いていれば運転者には相当な注意義務があり、一見完全な被害者と思えるような事故であっても有過失として処理されます。一般的に、被害者が無過失(賠償義務なし)となる事故は、被追突事故などの限定的なものです。ですから自身に事故が発生した場合には、何らかの賠償義務が発生する恐れがあります。

自賠責保険は強制的に義務付けられているため、すべての自動車が加入していますが、自賠責保険で補償される損害は人身事故による損害に限られ、物損事故(自動車や工作物への賠償)は対象外です。しかし、人身事故が補償されると言ってもその限度額は、傷害の場合120万円、死亡の場合3000万円、後遺障害の場合3000万円(常時介護状態の場合4000万円)が限度です。

あなたが加害者になっても、被害者になっても自賠責保険では十分な補償が得られない事はおわかり頂けたかと思います。「自分は安全運転だから大丈夫」と思っていても、いつ自分が事故に巻き込まれるかはわかりません。

自動車が動いていれば、いつどこで事故が発生してもおかしくありません。一度事故が起こると、相手のクルマの修理費・被害者の怪我の治療費などその補償額は決して少額ではありません。そのような突然の事故への備えとして、任意加入である自動車保険が必要となってくるのです。

単に自動車保険といっても、その内容は様々な補償の組み合わせであり、その中に対人賠償責任保険・対物賠償責任保険・人身傷害保険・車両保険というものがあります。

自動車保険は、以下の基本補償に、保険加入者のニーズに応じて特約を付帯し、補償する範囲を広げることも出来ます。

自動車保険の基本補償の目的は、主に下記の2つに分かれます。

①相手への補償(賠償)

  • 対人賠償保険
  • 自動車事故により、他人の「生命または身体」を害し、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償(自賠責保険等により支払われるべき金額を超える部分に限られます)

  • 対物賠償保険
  • 自動車事故により、他人の「財物」に損害を与え、法事上の損害賠償責任を負った場合の補償

②自分への補償

  • 人身傷害保険
  • 自動車事故等により死傷した場合の「自分を含む搭乗者」の治療費・休業損害・精神的損害・逸失利益等の補償

  • 車両保険
  • 交通事故や盗難・自然災害などによる「自分の自動車」の修理費等の損害についての補償

事故の大きさによっては高額の慰謝料・損害賠償責任が発生する恐れがあります。
また、自動車保険はご自身に対する補償でもあります。もし人を撥ねたら・・・、もし無保険車に事故を起こされたら・・・、このような不安に対する安心の備えでもあるのです。人によっては自動車保険を「お守り」と表現する方もいます。

※ ここに掲載している内容は、一般的な説明です。詳しくは各保険会社か最寄りの代理店へご相談下さい。弊所での相談業務は致しておりません。

お問い合わせはこちら

行政書士井手法務事務所
代表者 行政書士 井手誠博
所在地 857-0041 長崎県佐世保市木場田町8-10谷山ビル2階
TEL:0956-56-4002
FAX:0956-56-4003
MAIL:info@meihen-syako.com
営業時間 9時~18時までメール24時間OK 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab